Google for Jobsで上位表示させるためのTips

今日の採用担当者は会社の中で様々な仕事や役割を担っています。求職者は面接官が目を光らせる中で雇われるまで情報を受け取るところから始まり、興味持ち、面接をしたりなどいくつもの関門を突破しなければなりません。これらのタスクはほとんどの会社で採用担当者の仕事になることがあります。通常は面接担当者の責任になることが多いです。

ゆえに採用担当者はそれらの仕事を心から好きだと思っているか、退屈な仕事または面倒な仕事だと思っているかもしれません。もしくは、それらの感情を抱くことに蓋をして見て見ぬふりをしている可能性もあります。また採用担当者だけではなくて、コピーライター、デザイナー、広報スペシャリスト、マーケティング担当者にも共通して言えることです。Google for Jobsを使うことで煩雑な業務がショートカットできるほかに何よりも良い人材を獲得できるというのが最も重要な点です。

だからこそ、これらの仕事に該当するポジションの人たちはGoole for jobsについて知っておく必要があります。それがどんなものなのか、どのようにすれば有効的に利用することができるのかをご紹介します。Google for Jobsを使えば、求人者が求めるスキルや経験を持っているかどうかなどについて今まで以上に心配する必要はありません。そうなるとGoogle for Jobsを使わない手はないでしょう。

そもそもGoogle for Jobsって何?

Google for Jobsは求職者にとってより簡単で楽しい就職活動を提供するために開発された

強化された就職活動ツールです。日本では「Googleしごと検索」と呼ばれています。Googleの人工知能アルゴリズムはLinkedInやGlassdoorやMonsterのように企業側と求職者のキャリアページから情報を引き出します。実際にこれらの企業と提携をし、Googleのプラットフォーム上に情報をアップロードするβテストを行いました。Google for Jobsの構造化データはの仕組みはデータを解析し、重複を排除し、求人広告を素早く正確にページにアップデートするというフローを踏むことになります。このように構造化データを用いることで、求人情報を検索結果上にエンリッチリザルト形式で表示されることができます。エンリッチリザルト形式とはわかりやすくいうと、目立つ形で出てくるポップアップ形式の検索結果表示方法のことです。検索結果としてページ上部に上がった求人情報はユーザーに注目を受けやすく、以前よりも多くの応募者を集めることができます。ちなみにポップアップされる求人は上位3つまでとなります。求職者の視点からすると、今まで様々な個人情報を打ち込んで登録してから使っていた転職サイトがより身近でカジュアルに使えるようになります。求人を出す企業からすると、今まで人材サービスに依存していて求人情報が届かなかったユーザーにも目に留まるチャンスが増えるということです。

さぁ、未だ見ぬ地へ踏み込もう

「私のリストを最適化」なんていうボタンがあればすぐにでも押したいところではあるが、Tipsというものがそうも単純ではない。この記事から得られる情報を最大限活用するために読んで自分の腹へ落として、実際に実証するまで少なくとも30分はかかることは覚悟してください。

1.Googleがデジタル採用をどのように変えたのか理解しよう

「最初に開発された人材獲得テクノロジーは本来、良い人材をいち早く獲得したいという企業または採用担当者のためというよりかは、求職者たちのためのものでした。求職者たちが自分たち自身が就きたい仕事によりよく、より簡単にアプローチできるように開発されたものでした。」とCareerBuilder’s Empower 2017に出席したHRU Tecnical Resourcesの社長のTim Sackett氏は述べました。

Linkedin, Monster, Indeed, CareerBuilder, ZipRecruiter, Glassdoorなどの人材系企業の全てが自社プラットフォームを構築する際に採用担当者というものを必要といしてきました。これらのプラットフォームはかなりの長い期間において採用担当者の価値としての価値を保ち続け、大部分で彼らの力を必要としてきました。しかしGoogleはそれらを一新されるような新たな風を人材業界に吹かせてくれました。それがGoogle for Jobsなのです。

Business.comのJanice Chaka氏曰く、「Googleで検索されるもののうち30%(月換算すると3億件)が仕事・転職・求人関係であることを考えるとGoogle for Jobsによる転換がいかほど重要なものかどうかは明白だろう」求職者を優先するような状況をGoogleが整えたために、採用担当者はひょっとすると本来の仕事や自身の価値を奪われ、色々な役割があるうちのもっとマーケティング寄りの仕事に就かなければならないかもしれません。

え?採用担当者はどんな仕事をするべきかって?その答えは非常にシンプルです。そう、Google for Jobsの管理をすることがあなたに求められるスキルです。仕事がマーケティング寄りになっていくと先述したのは、求職者がどんな検索をするかよく考えて求人広告または自社サイトの採用ページを構築しなければいけないからです。求職者の需要がどんな言葉に隠されているのかを明らかにしていくことが重要なことです。

2.他の会社がしないことを話す

Googleが求職者優先の時代になるようにアルゴリズムを構築してから、採用担当者たちも早々今まで通りの環境で仕事をするというわけにはいきません。

従来の求職サイト

Linkedin, Indeed, Monsterなどの従来の求職サイトは求人広告を出す企業から利益を得ているわけで直接のエンドユーザーに当たる求職者側から費用をとってはいません。採用担当者はいわゆる求職サイトへのサービス利用料を払っているわけです。

Google for Jobs

一方、Google for Jobsは異なるビジネスモデルを取っています。Googleは実際に仕事を探しているエンドユーザーつまり求職者から利益を得流というビジネスモデルを取っています。とは言っても、求職者が直接Google社にサービス利用料を払うわけではありません。Googleがどうやって利益を出しているか知っていますか。そう、広告事業です。つまり、たくさんの求職者がたくさん検索をすることでインターネット広告をクリックしてもらえる機会が増えることになるます。そうすると広告主からGoogle社に広告宣伝費が支払われます。したがってGoogle社は意図せずとも利益が入ってくるプラットフォームを作り上げたのです。

さて、ではここからは採用担当者がこのGoogle for Jobsにどのように対応していくべきでしょうか。求職者に彼らが欲しがっている情報を与えましょう。Googleのことを電話帳のように感じるかもしれませんが、彼らは企業ということをお忘れなく。

2-1. 給料の提示をしよう

私たちはついつい人のことを考えすぎるあまりに給料の話を避けがちです。しかしながら給料の話を避けてしまうとGoogle for Jobsの検索結果にリスティングさせるのはより難しくなってしまいます。いくらかの業界の専門家は給料の提示をすることにポジティブな影響を与えると確信しています。Sackettによると「もし、採用担当者であるあなたが求人広告に給料を提示しなかったとして、今日期する他社が丘陵の情報を掲載したとしよう。Googleのリスティングには他社の名前が載ることになる。実にシンプルかつ明白だ」とのことです。もしも特定の額面を提示することに抵抗があるのであればある程度幅を持して〇〇万~などという書き方をするのも良い方法でしょう。実際にGoogleのSearch Consoleによるとユーザーが給与額に関してフィルターをかけた場合、給与額を明示していない求人広告はランキングから外されるとのことです。

2-2. 会社所在地を明確に提示しよう

もしもオフィス勤務のようないわゆるホワイトカラー職の応募を募っているならば肩をすくめるような話かもしれませんが、これは主に出張が多い仕事や何かしらの理由で特定の場所で勤務をしない人たちを必要とする業界にいる採用担当者たちは知っておかなければなりません。採用担当者にとっては求人広告内で従業員がリモートワークや出張をしながら働く場所を特定することはかなり一般的なことです。

もしも直感的に情報が足りていないと感じるのであれば、確実に何かを変えなければいけません。Google for Jobsのランキングでは、まず検索者に重きを置くため、より地理的な情報に基づいたローカルな情報をベストな検索結果として提示するからです。

勤務先が自宅と近いことは求職者にとっては仕事探しにおいてとても重要な要素になります。特にビジネス街では、同じような業種やポジションで求人を出している会社が多いので、他社を出し抜くためには、番地などまで正確に掲載しておくことが重要になってきます。

2-3. スキル、業務内容、資格を明確に提示しよう

SEOの黎明期では、キーワードがいかにサイト内で繰り返されるかこそがサイトを検索結果上位に表示させるための方法でした。いかにも誰でも真似できそうな卑怯な方法ですね。しかし、幸運なことに検索エンジンはそのころに比べて幾分か賢くなっています。

今日のGoogleの検索エンジンでは、サイト内の情報がいかに検索するトピックと関連しているか、いかほど有益な情報として多くの読者に見られているかということに基づいています。

ここでちょっとした例を挙げてみましょう。例えば、あなたが「ソフトウェアディベロッパー」の募集をかけたいとします。求人広告に「ソフトウェアディベロッパー」と謳うことでGoogleは「ディベロッパー」や「Java Script」などと言った関連する語句を参照します。つまりより特定の語句を用いることによってより関連性のある語句がヒットし、検索結果が上位表示されやすくなります。

他社に良い人材を取られたくないのであれば、他社の求人広告を参考にすることをお勧めします。あなたが忘れているだけで、他社が使っている良い言葉がそこにはあるはずです。

採用担当者の観点から見た語句と求職者が使う語句は別物だということも認識しておきましょう。業界用語を使うと求職者がその仕事を見つけにくくなる可能性があります。一方でより特定の語句を使うことで経験者やよりスキルを持った人材が広告にアプローチしやすいという一面もあります。一般的によく検索される語句としては雇用形態が挙げられます。例えば正社員を望む人もいればアルバイトやパート、派遣を望む人までいます。また、合わせて職業の名前も非常に大切です。例えば、デザイナーやエンジニアなどです。デザイナーでもWebデザイナーもいればインテリアデザイナーもいるのでなるべく特定しやすい語句や関連性のある言葉を散りばめておくことが重要です。

3. 構造化データのマークアップをしよう

自社サイトの採用ページをGoogle for Jobsに求人ページとして判断してもらうには構造化データをマークアップする必要がある。Google for Jobは構造化データを解析することによって検索結果を表示させています。構造化データマークアップはどんなものかというと、自社サイトの採用ページをGoogleに採用サイトとして取り扱ってもらえるようにフォーマットをすることを言います。つまり、この構造化データのマークアップをしない限りはGoogle for Jobsを使えないということでもあります。構造化データのマークアップの方法は技術的な内容であるので、詳しい方法は以下のリンクからを学ぶことができます。

【参照】構造化データのマークアップ方法(Google公式)

Google for Jobsの公式ページには、いくつか注意書きがあります。確実にGoogle for Jobsに表示されるためにはいくつかのガイドラインを守らなければなりません。旧来の人材会社が提供する求人サイトも例外ではありません。まずは採用ページコンテンツと構造化データが一致していることが条件になります。その他、期限切れの求人がないか、ロゴが間違っていないかなどというのも評価対象に当たります。特に求人の募集期間に関していうとついついおろそかにしがちです。では、そもそも求人の期間なんて載せなければ良いのでは?という疑問を抱く人も少なくないでしょうが、募集期間や実際の雇用開始の日付を掲載しておくことは上位検索をとることにおいて重要な要素になります。そのため、Google for Jobsの管理をおろそかにしないことが懸命です。また、構造化データと対応するコンテンツページに応募機能がない場合もエンリッチリザルト形式が適応されなかったり、システムエラーが起こる可能性があります。特に現状の採用ページでは応募フォームへ通づるリンクを作っていない企業が大多数でしょうから、ページを更新する必要があります。おそらくこのあたりに関して、旧来の求人サイトは万全に対策してくるはずなので、今まで通り安心して人材募集を任せることも可能です。

4. 間違いに気づくには?

上記のようなエラーを起こさないようにGoogleのリッチカードサポートページを利用してみるのはいかがでしょうか。このサービスを使えばGoogleがエンリッチリザルトにどのような誤った構造化データが悪影響を及ぼしているのか調べ、修復することができる便利なツールです。間違いを教えてくれるだけではなく、どの項目の情報量を増やしたら検索結果的に有利に動くかということまで教えてくれます。

このレポートを受け取るためには、Google Search Consoleへのアクセスをする必要があります。もしもまだアカウント設定の準備ができていないようであれば、このページからGoogle Search Consoleの詳細を閲覧することができます。もしもアカウント設定が終わっていたり、すでにGoogle Search Consoleを使い始めているようであれば、問題なくレポートを受け取ることが可能です。

レポートでは、Googleがどんな種類の構造化データが検索結果と関連し、影響を及ぼしているのか概要を示してくれます。つまるところ、このレポートは採用担当者のあなたに取って努力を効率よく還元してくれるための有能なツールと言えるでしょう。レポートに従って求人情報をより最適化していけばいくほど、より改良されたリッチカードの数々を見ることになるでしょう。

完璧に改良しなくても、問題ありません。徐々にでも改良を加えていくことでGoogleはあなたの求人広告を十分に評価し、検索上位に表示してくれることでしょう。

5. 求人レビューを高くしよう

エンリッチリザルト形式で表示される求人広告のレシピにはレビューがあります。レシピにユーザーからのレビューや星による評価がついていれば、ユーザーの参考になる情報が多く、エンリッチ検索としても価値が高いと見なされます。

まとめ

米国と違い2019年になってまだまだ始まったばかりのGoogle for Jobs。米国や他の国と違う転職市場を持っているので、まだまだ明らかになっていない部分が多いのは確かです。しかし採用担当者の目線としてはできるだけ早めに対策をしておきたいところです。まだ多くの企業がリリースされたばかりのこのサービスには対応できていませんそこにあるのは、先行者優位の市場です。早めに構造化データのマークアップをし、求人広告をGoogleプラットフォーム上で有効にしておくことで実績を積んでおくことができます。それは求職者からのレビューでもあり、Googleからの評価でもあります。そしてとても重要なことは、採用担当者としてGoogle for Jobsの効率的な求職プロセスを指をくわえて見ているか、それとも有効的に活用するかどうかにかかっています。有効的にエンリッチリザルトを表示させるためには、採用担当としての経験にかかっています。どのような語句を検索した人々が自社の求人ページまでたどり着くのか、どのようなリスティングをしたら採用まで進む候補者とのマッチング率を高めることができるか、それを考えるのがこれからの採用担当者の一つの仕事になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です