Google for Jobsとは?特徴や口コミ、indeedとの違いをたっぷり解説!

2019年1月に実装されたGoogle for jobs(Googleしごと検索)をご存知でしょうか。
Googleが提供する求人情報サービスで、求人が求職者の目に届きやすくなるため、効果的な求人に活躍することができます。
日本に導入される以前から、世界では100ヶ国に迫る導入国を数えています。日本はアジアで7ヶ国目の導入国となり、これからさらに全世界へGoogle for jobsが広がっていくことが予想されます。

今回は日本で導入されたばかりのGoogle for jobs(Googleしごと検索)とはどのようなサービスであるのか、既存の求人サービス・Indeedとはどのような違いがあるかについて解説していきます。

1.Google for jobs(Googleしごと検索)とは?新たな求人システムを知ろう

Google for jobsとは、Googleの検索エンジンに「札幌 求人」「札幌 事務」「札幌 転職」のように、求人を探していると考えられるキーワードに対して、求人情報が表示されるサービスです。

これまでは、検索エンジンでキーワード検索をし、検索結果にある求人サイトなどにアクセスして、求人情報を得るというのが基本でした。

Google for jobs(Googleしごと検索)は、検索結果として、素早く簡単に求人情報を表示させることができ、仕事を探している方には求人情報を見つけやすく、人材を必要としている企業にとっては、自社の求人を目に留まりやすくする画期的な求人サービスと言えます。

企業としては、Google for jobs(Googleしごと検索)を駆使することで、求人応募のアップを期待できるため、使いこなさない手はないでしょう。

Google for jobs(Googleしごと検索)で求人情報を表示させるためには、Googleに求人サイトを求人情報と認識させる構造化データのマークアップという作業必要です。

今回はGoogle for jobs(Googleしごと検索)の特徴とIndeedとの違いに注目して解説するため、構造化データのマークアップについての解説は省かせていただきます。

Google for jobs(Googleしごと検索)とはどのようなサービスかが分かったところで、次にGoogle for jobs(Googleしごと検索)の特徴を見ていきましょう。

2.Google for jobs(Googleしごと検索)の特徴3ポイント!特徴をおさえて効果的な求人をしよう

Googleの検索エンジンを活用して、簡単に求人情報を表示できるGoogle for jobs(Googleしごと検索)には、いくつかの特徴があります。

Google for jobs(Googleしごと検索)で表示されるように対応できても、特徴を理解していなければ、多くの求職者の目には求人情報が届かず、効果的な運用とはなりません。

Google for jobs(Googleしごと検索)の特徴を理解して、求人効果を見込める活用をしてみてくださいね。

2-1 Google for jobs(Googleしごと検索)は検索順位に影響されない

これまでのGoogleの検索エンジンでの検索で表示されるページは、リスティング広告、自然検索、リスティング広告という順に表示されていました。

リスティング広告とは、検索キーワードに合わせて表示される広告です。

検索キーワードに対して、ページ上部、ページ下部に表示されるため、広告掲載費こそかかりますが、求人情報を安定して表示させることで、求人応募を期待することができます。

リスティング広告に挟まれる形で表示される自然検索は、Googleのアルゴリズムの評価の上位から順に表示されます。

Googleの検索エンジンに評価されやすくするSEO対策が不可欠で、評価が伴わないとトップページに表示されないため、安定的な求人情報の表示には技術が必要です。

Google for jobs(Googleしごと検索)がリリースされてからは、リスティング広告、求人情報(Google for jobs検索結果)、自然検索、リスティング広告というページ構成になっています。

リスティング広告の下に、Google for jobsの表示枠があり、自然検索で上位表示をされる必要がなく、検索キーワードに対して安定的に求人情報を見せることができます。

SEOの伴ったサイト構築などを必要としないため、どの企業にとっても求人情報を表示させられる可能性があります。

注意点としては、キーワードに合った求人が全て表示されるのではなく、トップページで表示される求人は3件となっています。

Google for jobs枠の下部にある「他100件以上の求人情報」という部分をクリックすることで、より多くの求人情報が表示されます。

2-2 Google for jobs(Googleしごと検索)では求人情報を条件設定で絞り込める

トップページに表示される求人情報をクリックすると、より詳細な求人情報画面に移動します。

詳細な求人情報を確認することができるだけでなく、求人情報をカテゴリや地域、形態などで絞り込むことができ、求職者に合った仕事を探すことができる仕組みが整っています。

カテゴリでは、職種を設定することができ、地域によって住んでいる市町村だけでなく、検索した都市から2kmから300kmの間での指定もできます。

生活環境や移動手段など様々な条件から職種や地域を設定でき、求人情報を出す企業にとって、求職者に見つけてもらいやすくなっています。

他にも仕事の形態や企業でも求人情報を絞ることが可能です。

特に形態の絞込みは便利で、転職先を探している方だけでなく、パートや契約社員、インターンなどの設定条件によって、主婦の方や学生の方にもメリットがあります。

検索した求人情報は、保存をすることもできます。

気になる求人情報をいつでも見られるように保持することができ、保存した求人情報の条件などを比較して、就職につなげることが可能です。

求職者にとって求人情報を見つけやすく、比較しやすくなることは大きなメリットで、より自分に合った仕事を探すことができるようになりました。

求人を出す企業は、求人が見つかりやすくなることだけでなく、分かりやすく応募につながる求人情報を作ることも意識する必要があります。

探しやすくなった求人情報の中で、必要な情報を的確に伝えられれば、求人応募をより期待することができます。

2-3 求人情報ページで企業の評価を確認できる

Google for jobs(Googleしごと検索)の求人情報をクリックし、表示された求人情報の画面を下にスクロールすると、企業への評価・レビューを見ることができます。

Indeedやカイシャ、転職会議といったレビューサイトの評価、口コミを確認でき、応募のための貴重な情報を得ることができます。

仕事の形態や条件などは数字で見ただけでは、実際の職場の雰囲気が分からないということも多いでしょう。

評価や口コミは、働いている人や応募した人のリアルな声を参考にすることができます。

企業にとっては、口コミや評価が良い方向だけでなく、良くない効果をもたらすことも念頭に置いておきましょう。

効果的な求人情報の表示と働きやすい仕事環境が整って初めて、求職者と企業のどちらも満足できるGoogle for jobs(Googleしごと検索)の活用と言えます。

3.Google for jobs(Googleしごと検索)に対するIndeedについて確認しよう

Google for jobs(Googleしごと検索)が日本でリリースする前は、求人情報と言えば、Indeedという印象が強くありました。

「バイト探しは、インディード♪」といったCMは多くの方にとって馴染みがあり、現在でも盛んにCMが流れています。

同じ求人サービスであるGoogle for jobs(Googleしごと検索)とIndeedにはどのような違いがあるのでしょうか。

Google for jobs(Googleしごと検索)とIndeedの比較をする前に、Indeedがどのようなサービスで、どのような特徴があるかを確認しておきましょう。

3-1 Indeedは求人情報に特化した検索エンジン

Indeedは、求人情報を専門にした検索エンジンで、職種や会社名などのキーワードと都道府県名か市町村名で指定した勤務地の2つで、簡単に求人情報を検索することができます。

Googleと同じく、シンプルな検索画面で、仕事を探している全ての人にとって使いやすいデザインとなっています。

求職者にとって、キーワードに合致した求人情報をまとめて見ることができ、自分に合った仕事を探しやすいというメリットがあります。

会員登録なしで利用できる点もメリットで、仕事を探したい時に、登録などの手間をかけずに、仕事を探すことができます。

企業にとってのメリットも多く、求人応募を増やしたり、広告費を削減したりできるなど人材確保、コストカットといった多方面に有効です。

企業がIndeedを利用するメリットに注目して、他の特徴についても解説していきます。

3-2 Indeedの検索結果から自社サイトや求人情報サイトにジャンプできる

Indeedの検索エンジンで、検索をすると、多くの求人情報が表示されます。

検索結果をクリックすると、企業の求人ページや求人情報サイトのページ、Indeed内で作成したページの中から設定したページが表示されます。

企業の求人ページへアクセスさせる場合は、求人情報サイトのページやIndeed内で作成したページよりも、企業の良さをアピールできる機会となり、求人につながりやすいと言えます。

求人情報サイトのページやIndeed内の求人ページは、自社ページを作成する必要がなく、簡単に求人情報を掲載することができます。

求人情報を項目ごとにシンプルに知りたいというニーズにも応えられるというメリットがあります。

3-3 Indeedは自然検索で上位表示される可能性が高い

Indeedには、毎日多くの求人情報が掲載され、仕事探しのツールとして、月間1200万人もの人が利用しているようです。

職種、地名といった検索が主な求人情報の検索方法であり、Indeed内での検索はもちろん、Googleなどの検索エンジンでも、「営業職の求人 – 北海道 札幌市 | 仕事探し | Indeed (インディード)」といったように上位表示を期待できます。

Indeedを知っている人は、Indeed内の検索で仕事を探し、Indeedを知らない人は、検索結果からIndeedにアクセスし仕事を探すという両面からのアプローチがあります。

Indeedに求人情報を掲載することは、Indeed内外から多くの求職者が求人情報を見られるようにすることと言えます。

3-4 Indeedの料金システムを利用して予算内で求人情報を掲載できる

求人情報を掲載する上で、考慮したい部分が広告費です。

期待していた求人ができずに、費用だけが高くついてしまうと、効果的な求人広告とは言えません。

Indeedでは、あらかじめお金を振り込んで、そのお金から広告費を支払うチャージ制をとっています。

またクリックされた分だけが広告費とされるため、反応が少ない場合でも費用を抑えることができます。

予算内で必要な分だけ広告費を支払うことで、費用に対する求人効果を最大限に受け取ることが可能になっています。

4 Google for jobs(Googleしごと検索)とIndeedの違いを把握しよう

Google for jobs(Googleしごと検索)とIndeedの特徴をそれぞれ解説しました。

Google for job(Googleしごと検索)とIndeedの違いをいくつかピックアップして解説していきます。

企業の求人担当の方など求人に関わる方は、違いを把握して、効果的な求人情報掲載に生かしましょう。

4-1 Google for jobs(Googleしごと検索)とIndeedの違い1:求人の表示位置が異なる

Google for jobs(Googleしごと検索)とIndeedでは、求人の表示位置が異なります。

Google for jobs(Googleしごと検索)はページの上部のリスティング広告の下、Indeedは自然検索の位置です。

Google for jobs(Googleしごと検索)は、Indeedよりも上位に表示され、求職者の目に留まりやすいと言えます。

また企業名で3件表示されるため、一目でどの企業がどのような求人を出しているかがわかり、応募につながりやすいというメリットもあります。

Indeedは、自然検索で上位に表示されるものの、「営業職の求人 – 北海道 札幌市 | 仕事探し | Indeed (インディード)」のように、「札幌 営業」というキーワードに対しての表示で、詳細を見るにはページにアクセスする必要があります。

求人を探す際、Googleの検索エンジンにキーワードを入れる場合も多く、調べたいことを検索する感覚で、求人情報が分かるGoogle for jobs(Googleしごと検索)の方が、見やすく使いやすいと言えます。

4-2 Google for jobs(Googleしごと検索)とIndeedの違い2:求人情報を作成できるかどうか

Google for jobs(Googleしごと検索)は、Googleが企業の求人ページを集めて表示するサービスとも言えます。

そのため求人ページなどwebサイト、ページがなければ、Google for jobs(Googleしごと検索)に表示させることはできません。

求人情報を作成できず、Google for jobsの利用者として登録する場面もありません。

Google for jobs(Googleしごと検索)に対して、Indeedは求人情報をIndeed内で作成することができます。

求人ページがなくてもIndeed内で求人情報を作成すれば問題ありません。

どちらに掲載するかを考えている場合、まず判断の基準となるのは、求人サイトがあるのかどうかです。

求人サイトを作って、Google for jobs(Googleしごと検索)を利用するのか、Indeed内での求人作成を利用するのかなど、求人情報の掲載のしやすさで選ぶとよいでしょう。

4-3 Google for jobs(Googleしごと検索)とindeedの違い3:検索フィルターの違い

Google for jobs(Googleしごと検索)とindeedはどちらも求人情報を検索できるサービスですが、検索フィルターに差があります。

Indeedの主な検索フィルターは、推定年収、雇用形態、会社名、職種となっています。

推定年収であれば、200万円の求人が何件あるかが表示されます。

検索条件を選択するというよりも、検索結果の中で、推定年収や雇用形態それぞれに当てはまる求人の件数が分かるようになっています。

Google for jobs(Googleしごと検索)は、求人を検索する際に職種、地域、投稿日、雇用形態、企業の5つを選択でき、それぞれの項目の中でも細かい条件を設定することもできます。

自分に合った求人を見つけやすく、求職者にとって仕事を探しやすくなり、企業にとっても求人を見つけてもらいやすいと言えます。

5.Google for jobs(Googleしごと検索)を使ってみた実際の声

Google for jobs(Googleしごと検索)は1月に日本リリースされたため、求職者も企業もまだまだ使い始めたばかりです。

Google for jobs(Googleしごと検索)を実際に見たり、掲載してみたりした実際の声をみてみましょう。

「1月23日にGoogle for jobsがリリースされましたね〜!Googleの検索画面で[営業 求人]って調べるとなんと!!求人情報が表示されるだけじゃなく、、、検索条件まで入れて検索できるようになった!すごい!!」

https://twitter.com/yahiro_hannah/status/1088594672069427200

求人情報が検索画面に表示されること、検索条件を絞り込めることに関する口コミです。求人情報の検索において、Google for jobs(Googleしごと検索)が革新的であることがわかります。

「google for jobs が日本でもスタート!

・求人広告は売れずらくなりそう

・ダイレクトリクルーティングがさらに加速しそう

・ミドル層を対象としたエージェントは特にキツくなりそう

・リスティングの単価はさらに高騰しそう(どこまで上がるんだろう)

・Indeedさんが一番つらそう…」

(https://twitter.com/okamoto_uzuz/status/1088265914938609664)

企業側から見ると、Google for jobs(Googleしごと検索)の登場によって、求人の状況が大きく変わるように捉えられています。

良い面の多いサービスですが、Google for jobs(Googleしごと検索)に対抗するための広告料の高騰やIndeedのこれからの推移など不安視される部分も多いようです。

「とはいえ第一画面広告に占められ、1画面分Scrollしないと見えない そして更に1画面Scrollで通常検索結果 皆Google良い検索と考えてるけど..勝者の今はユーザの事そんな重んじてない」

(https://twitter.com/hikarine3/status/1087957026083360770)

Google for jobs(Googleしごと検索)はリスティング広告の下に配置されるため、トップページの自然検索部分が少なくなります。

検索によるアクセスはトップページと2ページ目では大きく差が開きます。

自然検索で求人応募を上位させるのが難しくなり、企業はGoogle for jobs(Googleしごと検索)やIndeedへの求人情報掲載などに対応することが不可欠になったと言えるでしょう。

6.Google for jobsを駆使して人材を確保しよう!

Google for jobs(Googleしごと検索)の特徴とIndeedとの違いを解説してきました。

Googleの検索エンジンで求人に関わるキーワード検索をすると、求人情報が表示されるようになりました。

求人情報を見つけやすくなり、検索条件の絞込みもできるため、求職者と企業の両方にメリットがあります。

Indeedとの主な違いには、求人情報の表示の位置、求人サイトが必要かという点です。

求人情報がIndeedよりも上位表示されますが、求人サイトを持っている必要があります。

Google for jobs(Googleしごと検索)は、1月に始まったばかりですが、求人の状況を大きく変化させるサービスであるため、早期の対応が望まれるでしょう。 Google for jobs(Googleしごと検索)の特徴、Indeedとの違いを改めて確認して、対応の助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です