バイトの採用にGoogle for Jobsが有効的である理由とは?

世界中で活用されているGoogle for Jobsは、ついに日本で「Googleしごと検索」という名称で運用が開始されました。このGoogle for Jobsは様々な求人情報を掲載できるのですが、アルバイトの採用時に非常に有効的、との評判があります。ではなぜGoogle for Jobsがアルバイトの採用に有効的なのでしょうか。

また、アルバイトの採用といえばindeedが有名ですが、Google for Jobsと比較して、どちらが使いやすいのかという点についても比較していきます。

 

Google for Jobsとはどんなものなのか?

Google for JobsとはGoogleが運営をしている求人情報検索サイトであり、現在世界中で活用されています。アメリカでは全地域、その他のインド、シンガポール、スペイン、イギリス、アフリカなど各国でもGoogle for Jobsが活用され始め、企業と求職者のマッチングが行われています。

日本でアルバイトの採用といえば、「タウンワーク」や「an」という求人情報サイトなどが有名で、最近ではindeedによる求人情報検索を行う人も増えていましたが、Google for Jobsが日本での運用を始めたことで日本のアルバイトの採用方法の流れが一気に変化するともいわれています。

<求職者目線でのGoogle for Jobsの特徴>

・Googleという巨大検索サイトが直接運営する求人情報検索サイト

・求職者は無料で使用することができる

・Googleで求職に関連するキーワードで検索するとGoogle for Jobsが表示される

・Googleでの表示結果でGoogle for Jobsは上位に表示されるため、求職者がクリックしやすい

・Googleのキーワードに応じた自分が求める求人情報をピンポイントで表示してくれる

・Google for Jobsでの求人情報は、地図や企業評価も表示されるのでわかりやすい

・求人情報にたどり着くまでの流れが非常にスムーズ

・新たな求人情報を教えてくれるアラート機能や検索結果の保存機能がある

求職者の目線で考えるとGoogle for Jobsを使うことにデメリットはほとんど無く、非常に有益な情報を無料で提供してくれるサービスです。使い勝手もよくインターネットに繋げた端末でGoogle検索画面に、希望する求人の条件・キーワードを入力し検索をするだけです。情報を閲覧するための会員登録なども必要としないのでユーザーは抵抗感なく利用できます。

また、Google for Jobsの大きな特徴は求職者が「Google for Jobs」というものを意識せずとも、いつの間にかそのサイトに誘引されるという点です。現在、日本で何かを検索しようとする際に、7割を超える人がGoogleを使用するといわれています。これらの理由により、今後は求職者が求人情報を検索した際には、Google for Jobsを経由して求人情報を収集するようになるでしょう。

アルバイト求人する企業目線でのGoogle for Jobsの特徴>

・無料でGoogle for Jobsに掲載させることができる

・無料で掲載させることはできるが、Googleの規定に沿った求人ページの作成が必要

・indeedとは違い、広告料を支払えば上位表示させるという仕組みが無い

・企業の評価が求人情報とともに掲載されるため、企業評価を意識するようになる

アルバイト求人を出す企業目線では、Googleの規定に沿った求人ページの作成が必要ですが、そこまで難しいスキルは要求されていません。簡単なホームページを作成したことのある人であれば対応できるレベルです。しかし、費用を投資して意図的に上位表示させるという手段が取れなくなったために、大企業などはGoogle for JobsにおけるSEO対策に乗り出すことになるでしょう。

その反面、アルバイト情報の掲載であれば求職者はその地域と職種などのキーワードで検索をかけるため、キーワードの組み合わせによっては、SEO対策など考えなくても上位表示されるようになるでしょう。これが、アルバイト採用をする際にGoogle for Jobsが有効になる理由です。

検索する際にはどんなキーワードで検索するのかを考え、その情報がしっかり掲載されていれば良いのです。例えば、「八王子市 アルバイト 本屋」などのキーワードでGoogle検索してみるとわかりやすくなります。

なぜGoogle for Jobsはアルバイト求人に活用しやすいのか

前述したようにGoogle for Jobsはアルバイト求人に活用しやすいといえます。その理由をまずまとめてみましょう。

Google for Jobsがアルバイト求人に活用しやすい理由>

・求人費用をかけられない企業でも無料で求人情報を掲載させることができる

・求人費用をかけても意図的に上位表示できないために、零細企業と大企業でも条件が一緒である

・Google mapと連動して求人情報を掲載してくれるため、近隣の人が応募しやすい

・その職種、地域に絞り込んだ検索の結果で求人にたどり着くためにミスマッチが起こりにくい

・近隣の求職者がアラート機能を利用していた際に、通知してくれる

このように活用できる理由が多くあります。求職者がアルバイト情報を検索する際には「家から通いやすい」ことが第一条件とされていることが多く、検索キーワードには地名が入りやすいことが予測できます。求職者がその地域での求人情報をピンポイントで見る機会が増え、その1つに掲載されていれば、多くのアルバイト希望者の応募を受けることができるようになるでしょう。

世の中には数多くのアルバイト求人情報がありますが、「職種」「地域」「条件」など自身の条件に当てはまる求人情報はそう多くないのです。Google for Jobsから経由してきた求職者は、その条件に当てはまる人が応募するためにミスマッチのリスクが減ります。また、Google mapが求人情報に掲載されることも非常に大きい影響があります。その地域に住んでいる人であれば、位置情報を掴みやすく、応募へのハードルを下げる効果があります。

同じように企業評価も求人情報に掲載されますが、良い評価のついている企業にはアルバイトの応募もしやすいはずです。このようにGoogle for Jobsはアルバイトへの応募のハードルを下げてくれる可能性が高いサイトなのです。最終的な結論を述べますと、アルバイト求人をする際にはGoogle for Jobsを使わない手は無いでしょう。

Google for Jobsにアルバイトの求人方法を検索させるには

アルバイト求人を出す際に、Google for Jobsを活用すべきということは前述の文章まで理解いただけたと思います。では、具体的にどのような方法でGoogle for Jobsに求人情報を掲載させることができるようになるのでしょうか。Google for Jobsには求人情報を直接投稿させる機能はありません。Google for Jobsに求人情報を表示させるには2つの方法があります。

<Google for Jobsに求人情報を表示させる方法>

1、Google for Jobsと提携するサイトに掲載する

2、自社ホームページの求人採用ページをマークアップし、サイト情報をGoogleに送信する

分かりやすく分類すると、「他社サイトで表示させるか」「自社サイトで表示させるか」という違いです。

アメリカでは、Google for Jobsと提携するサイトといえば「Facebook」「Linkedln」「Monster」「Glass door」などが主なサイトですが、日本で対応しているサイトは現在未定です。もし、今までに求人サイトに掲載させていたのであればGoogle for Jobsに対応しているかどうか確認をした方がいいでしょう。自社ホームページに求人採用ページがある場合には、そのページ情報をGoogle for Jobsの規定に沿って作成し直し、情報をGoogleに送信することでGoogleのクローラーが順番に巡回をしてGoogle for Jobsに掲載してくれます。

このあたりの流れはホームページを作成した経験のある方であれば、割とスムーズに作業できるはずです。Google for Jobsから自社サイトにアルバイト希望者を誘引できるのは、その商品やサービスなどを理解してもらう意味でも大きなメリットです。そのため、多くの企業はGoogle for Jobsから誘引する採用ページを作り直すなどの対応を行うケースもあります。これを機に、ホームページのリニューアルを検討しても良いかもしれません。多くのアルバイト希望者を募ることができる企業はそれだけ優秀な人材を確保しやすいということです。もし、ホームページの知識が全くない場合には専門業者に相談してみるのもいいかもしれません。

Google for Jobsとindeedの違いは何か

indeedは、日本のアルバイト採用においては「1人勝ち」の地位にあったサイトです。日本ではリクルートがindeedを買収し、短期間において飛躍的な知名度を獲得しました。このindeedの成功の理由は、広告戦略も大きいのですが、それ以上にそのシステムが画期的であったことが最大の原因です。それまでの日本におけるアルバイト求人サイトというのは、企業から情報掲載費用を獲得し、求人専用サイトでその情報を掲載させるものでした。しかし、indeedはこのようなアルバイト求人サイトとは大きな違いがありました。

それは、「求人検索サイト」という機能を持っていたことです。indeedで求人情報を検索すると、多くの求人情報を見ることが出来ますが、それらの情報源は求人サイト、ハローワークなど様々な媒体のものがあります。indeedはあらゆる求人サイトの情報を一括で横断検索できるシステムを確立させたのです。それまで飛散していた情報は全てindeedの検索結果で表示されるようになり、しかもindeedに求人掲載させるには規定の投稿ページから情報を入力するだけの簡単なものでした。さらに無料で掲載させることができたため、それまでの求人サイトを一気に駆逐する勢いをみせていたのです。そこに登場したのが、Google for Jobsです。その違いをわかりやすくまとめてみましょう。

<Google for Jobsとindeedの違い>

  • indeed

広告掲載料を支払えば、意図的に上位表示させることができる

求人情報投稿ページがあり、企業が専用求人ページを持たなくても情報掲載が容易

  • Google for Jobs

広告掲載料が発生せず、上位表示させる明確な基準が公開されていない

求人情報投稿ページがなく、企業が専用求人ページを準備する必要がある

Google mapと連動している

企業評価とともに求人情報が掲載される

まとめると以上のようになりますが、最も決定的な違いはその規模の違いです。Google for JobsはGoogleという世界でも最も巨大な検索システムを基盤としているという差は覆しきれないものです。Googleはインターネット普及後の世界4大インフラと呼ばれるGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)の中で最も世界に影響を持つといわれるほどの検索サイトを持つ企業です。その差は大きく、このままではいずれindeedはGoogle for Jobsの前に駆逐されることになるかもしれません。

これまでのアルバイト採用

アルバイトの採用情報というのは、基本的にはその地域で非常に限定された情報でした。しかし、より多くの応募者を募りたい企業は、「タウンワーク」「an」などのアルバイト情報誌に掲載料を払って求人情報を掲載していました。求職者は情報を得るために、店頭などでアルバイト求人情報誌を買い、企業にアポイントメントをとり面接の日時を決める、もしくは履歴書を送って面接の連絡を待つ…というフローが一般的でした。

インターネットの普及はこれらの求人のシステムを根本から覆しました。求人情報誌の役割はそのままにインターネット上での求人情報サイトに移行。その後は専門に特化したサイトなどが多数あらわれ、求人サイト業界は多くの競合が血で血を洗う「レッドオーシャン」となりました。その争いは「いかにそのサイトに求職者を集められるか」ということに価値が集中しましたが、indeedがこの求人サイトの考えを覆すほどの画期的なサービスを展開しました。

Indeedは求人情報サイトではなく、求人検索サイトという新しいアイデアを携えていました。また企業はそれまで、求人サイトでの費用対効果が見づらかったのに対して、indeedの広告料は「クリックされた時だけ料金が発生する」という支払い方法で非常に明確でした。且つ「いつでも開始でき、いつでも止められる」という高いメリットがあり、企業はアルバイト求人にはindeedを活用するという傾向が強くなっていったのです。

Google for Jobsがアルバイトの採用を変える

Google for Jobsが本格的に日本で運営が始まったことにより、アルバイトの採用を変えることになる理由を解説します。

<Google for Jobsにより変わるアルバイトの採用>

・良質なサービスを提供している企業にはアルバイトの応募が増える

・いわゆるブラック企業などの評価が低い企業には求人が集まらない社会になる

・地域の求職者と求人企業の結びつき方が変わる

短期的には、以上のように変わっていき、Google for Jobにある企業評価は非常に大きな影響が出ることが予想されます。

我々はインターネット社会を経験していく中で、「客観的評価」というものを無意識に評価しています。例えば美味しいレストランを探すなら「食べログ」で評価の高い店を探したり、Facebookで「いいね!」が集まる人のページは有益な情報と思ったり、チャンネル登録者が多いYoutuberの動画は面白い、という先入観があります。

このような社会で生きる我々がアルバイトの応募をする際に、その企業の評価を気にせず応募をするはずがありません。必ず企業の評価ページに飛び企業比較するための重要な材料になります。求人が集まらない企業は、成長することができません。そのため、企業はできる限り良質なサービスを提供し、社会貢献できる企業を目指すということを再度検討することになるでしょう。その結果、長期的にはGoogle for Jobの存在が、企業や社会の在り方を変えることになるかもしれないのです。Google for Jobは「Googleしごと検索」として日本上陸を果たしました。この上陸は大いなる一歩であったことが後に検証されることになるでしょう。

まとめ

さて、今回はアルバイトの採用にGoogle for Jobsが有効的である理由について考えてきましたが、いかがだったでしょうか。最後にまとめてみたいと思います。

・Google for JobsとはGoogleが運営をしている求人情報検索サイトである

・求職者はGoogleに求人に関するキーワードを入力することでGoogle for Jobsの情報を無料で得られる

・Google for Jobsはキーワードに応じたピンポイントの情報を提供してくれる

・Google for Jobsは地図や企業評価など、これまで別で検索をかけなければならなかった情報も掲載されるようになった

・求人する企業はGoogle for Jobsに求人情報を掲載させるシステムを理解する必要がある

・Google for Jobsが アルバイトの求人に効果的なのは地域や職種を絞り込んだ結果を表示できるため

・indeedと違い広告費用をかけなくてもやり方によって上位表示される可能性がある

・indeedはGoogle for Jobsに替わられる可能性がある

・Google for Jobsはアルバイト採用の在り方を変える可能性がある

Google for Jobsがアルバイト採用に有効的なのは、地域の人とその企業をより良く結びつける効果を期待できるからです。企業の人事部はアルバイト採用の際に、ぜひ積極的に利用するように意識しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です